中島久恵著の教則本

私は、中島先生にメールを出したことがあります。 先生の教則本が、当サイトでとても好評なことや、私の感想などいろいろ書いて。 まあ、いわゆるファンレターみたいなもんです。

ところが、すぐに先生からの返信が届きました。 どうやら、先生も以前から当サイトのことをご存知だったようでした。 しかも、私と一度お話しがしたかったなどなど。 こんなド素人の私にですよ~感激しましたよ~

余談はさておき、 なぜ中島先生の教則本がオススメなのかについてお話ししたいと思います。

これまでの教則本というのは、アレもコレも的な内容のものが多かったように思えます。 確かに、ジャズを弾くときには覚えた方が良いようなことばかりです。 しかし初心者は、そのあまりの情報量の多さがあだになって、何から手をつけたら良いのか分からなくなってしまうのです。

それに対して、中島先生の教則本は、とにかく「コレだけ」というところが凄いのです。 しかも、それは従来からある「ジャズを弾いた気にさせるコレだけ」のような生半可なものではありません。 本気モードの「本格的かつ実戦的なジャズを弾くためのコレだけ」です。

なかでも、私は「モダン・ジャズ・ピアノ・レッスンVol.1」が超オススメです。

この本を最初に手にした時の衝撃を、今でも覚えています。 ジャズピアノの練習を始めてから、既にかなりの年月が経っていました。 分かりづらい教則本や理論書の山を築いたり、頭を抱えてうずくまったり、あきらめてお酒を飲んだり、何ヶ月も全く弾かなかったり、見当違いの過酷で無謀な練習を繰り返していました。 まあ、誰だってそれだけのことをすれば、多少の理論も分かり、試行錯誤で独自の練習方法だってできるようになるというものです。

そんなある日、楽器店の教則本コーナーで、黄色い表紙(初版本は黄色い表紙に抽象的なイラスト)のこの本に出会ったのです。 超凡人である私が何十年かを費やしてきた徒労が、この本の中にありました。 そのとき、私は今までの練習が正解だったことを始めて確信することができたのです。

そのようなわけで、私はこの教則本を使って練習してきたわけではありません。 しかし、この教則本がもたらす絶大な効果だけは、誰よりも実感できるつもりでいます。


今まで、これほど初心者にとって優しく親切で、しかも本格的なジャズピアノの教則本があったでしょうか。 内容はテンションコードが中心ですが、この本だけでも充分に、ジャズの基本が学べます。 1日目、2日目のように、章が分けられていて、全部で15日目まであります。 しかし、1日分を、どうしても1日で練習する必要はありません。 自分のペースでいいのです。 楽譜がないので、「楽譜は嫌い」って方も、楽しく練習できるかも。

「モダン・ジャズ・ピアノ・レッスン」の続編で、16日目から26日目まであります。 Vol.1が基本編で、このVol.2が応用編といった内容です。 スケールやヴォイシングのことなども、わかりやすい表現で書かれています。 本当に、この2冊は良い本です。

先にご紹介した「モダン・ジャズ・ピアノ・レッスン」Vol.1とVol.2で学んだことの実践編です。 コードなどの基礎的なことは既にOK。 でも「どうやってジャズを演奏するの?」という答えがコレです。 CD付きで、本当にわかりやすい教則本です。

極端に言ってしまえば、ジャズはコードの知識が全てといっても過言ではありません。 そして、ジャズで使うのは複雑なテンションコードです。 しかし、テンションコードは基本コードの知識なくして学ぶことはできません。 この教則本では、この基本コードを徹底的に練習できるようになっています。

先にご紹介した「ジャズピアノの練習ビギナー編」の上級編です。 もう、基本コードはOKと言う方は、こちらから始めましょう。 この教則本では、徹底的にテンションコードが学べます。 しかもスケールから、クローズおよびオープンボイシングまで練習できる優れものです。 後半は、インプロヴィゼイション(アドリブ)のフレーズも多少載っています。 とにかく何も考えずに徹底的に弾きまくる練習が必要なときもあるのです。

ページのトップに戻る